キャンプに持って行く「熱源」で一番コンパクトな熱源器具はこれだ!

f:id:BOMB_TANAKA:20170314185651j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

春になって暖かくなるとキャンプ行きたくなってきますね。

で、キャンプってワクワクしちゃっていろんなキャンプ道具を持って行きたくなります。

オートキャンプだと、「重いものや大きいものに限らず全部持ってっちゃえ〜」て感じでも全然オッケーなんですが、

カバン1個でキャンプに行きたいと願うぼくは、最近キャンプの荷物の軽量化を考えるようになりました。

なので今回は、「キャンプで料理する際の熱源」はどれが1番コンパクトかぼくが持っているキャンプ道具3つの中で考えてみました。

スポンサーリンク

ぼくが持っているキャンプ器具の中で一番コンパクトな「熱源」はどれなんだ!

ぼくが持っている「調理に使うアイテム」を広げてみました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314145937j:plain

(鯖缶とかアーモンドグリコは気にしないで下さい。。)

この中で、料理をするために使う「熱源」を3通り考えてみます。

一番コンパクトな「熱源器具」がわかったら、次のキャンプでトーストを焼きたい

ユニフレームで美味しいトーストが焼けるアイテムがあったので買っちゃいました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314145952j:plain

すごいコンパクトなトースター。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,300 (2019/08/20 09:00:46時点 Amazon調べ-詳細)
組み立てると、

f:id:BOMB_TANAKA:20170314145957j:plain f:id:BOMB_TANAKA:20170314145959j:plain f:id:BOMB_TANAKA:20170314150001j:plain

こんな感じになります。笑

「パンが焦げ付かずサックサクにトーストできる」と評判がいいアイテムなんですよ!

ぼくがキャンプで使う3通りのコンパクトな「熱源器具」

①「イワタニジュニアガスバーナー+ガス缶」

まず一つ目は、イワタニのバーナーですね。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314145949j:plain

「イワタニジュニアガスバーナーセット」のメリット

  • すごく安いし、携帯性も抜群。
  • どの地域、コンビニにも売っているカセットガスを使えるというのが素晴らしい。
  • 手軽な調理キットなので、キャンプしなくても一家に一台あっていいアイテム。
f:id:BOMB_TANAKA:20170314145950j:plain

「イワタニジュニアガスバーナーセット」のデメリット

  • ガスとバーナーが、バックの中で結構かさばる。
    (専用ケースはあるよ)
f:id:BOMB_TANAKA:20170314150003j:plain

大きめのフライパンでもがっちり支えてくれるイワタニのシングルガスバーナーは、燃料がどこでも手に入るので「旅しながらキャンプしたり野営する人」にかなりオススメ。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥3,580 (2019/08/20 09:00:47時点 Amazon調べ-詳細)

②「ドッペルギャンガーグリルちゃん+薪」

続いてドッペルギャンガーの「グリルちゃん」、これはロマンがある熱源調理器具です。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314154954j:plain

「グリルちゃん+薪」のメリット

  • 焚き火で調理したいなら間違いなくコレ。
  • スキレット料理や、鰹のタタキなどの直火料理が美味しく作れる。
  • ついでに焚き火で暖をとれる!
  • カバンに入る焚き火台は、なかなかない。
  • メッシュ型なので、薪が綺麗に燃えて無くなる。
f:id:BOMB_TANAKA:20170314150010j:plain

「グリルちゃん+薪」のデメリット

  • 薪を準備しないといけない。
    (薪はキャンプ場で手に入らないこともあるからね〜)
f:id:BOMB_TANAKA:20170314150013j:plain

場所によっては「薪の手配」というのがハードル高かったりしますが、だいたいどこのキャンプ場でもホームセンターでも入手できると思います。

そして2、3人でキャンプする時にこの「グリルちゃん」が一台あれば、焚き火も直火料理も出来るのでだいぶ野営マスターな雰囲気を纏いたい人は持っておいた方がいいぞ!笑

ただコンパクト装備にしたいなら、薪になる枝を拾ったり、現地で調達するしかしないですね。

③「Maxboost+アルコールバーナー」

最後に紹介するのは「Maxboost(マックスブースト)とアルコールバーナー」です。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314145944j:plain

Maxboostは、薪を突っ込んで焚き火台として使う人がほとんどですが、ぼくはアルコールバーナーで使っているのでめっちゃ綺麗なまんま。笑

「Maxboost+アルコールバーナー」のメリット

  • とにかくMaxboostがコンパクトすぎる。
    (リュックのパソコン入れの部分に入る薄さ)
  • Maxboostの組み立てが楽しい。
  • 焚き火としても使える。
  • アルコールバーナーの造形がかっこいい。
  • アルコールバーナーなのでテントの土間部分で使える。
    (※ぼく個人の使い方なのでお気を付け下さい)
f:id:BOMB_TANAKA:20170314150058j:plain

かなり薄いでしょ?

f:id:BOMB_TANAKA:20170314150056j:plain f:id:BOMB_TANAKA:20170314150025j:plain f:id:BOMB_TANAKA:20170314150040j:plain f:id:BOMB_TANAKA:20170314150043j:plain

「Maxboost+アルコールバーナー」のデメリット

  • 燃料アルコールの管理をしっかりしないと危ない。
  • アルコールの減りが早いので、燃費が良くない。
  • 焚き火で使うと一気に汚れる。
  • 焚き火の際、木を完全に燃焼させるのが難しいので燃えカスが結構残る。
f:id:BOMB_TANAKA:20170314150045j:plain

かなり丈夫な作りでコンパクトなので、サバイバルキャンプや自然の状況に合わせて「アルコールバーナー」か「枝や薪」なのか判断して燃料として使える楽しさがあるアイテムです。

ぼくもMaxboostはどんどん使いこなせるようになって、いろんなキャンプ料理が作れるようになりたいなぁ。。

ちなみに、エスビットのアルコールバーナーは液漏れも全然無くて使いやすいのでオススメですよ。

<まとめ>ごめん、キャンプに行く際の調理器具&燃料はどれもコンパクトでメリットだらけだったよ!

すいません、どれが1番コンパクトか決めようと思っていましたが無理でした。。

f:id:BOMB_TANAKA:20170314150051j:plain

サバイバルな熱源調理なら「Maxboost」、薪を現地調達できるなら「グリルちゃん」で焚き火も楽しみたい。

でも、安定した火で失敗のない調理ができるコンパクト熱源はイワタニのジュニアガス。。

って、

決める気あらへんやんけ!!

ということで、

どれもキャンプでオススメのコンパクト熱源器具なので、一度試してみて下さい!

ボボボボボム!