ボム田中

ボボボボボムな面白さ

スノーピークの2017新作より「ランドベース6」がオススメな理由

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20170220124327j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

 

スノーピークの2017年新作モデルの展示会が、三重のキャンプ場で開催されていたので嫁さんと行ってきました。

 

新作モデルはどれもカッコよかったのですが、スノーピークのテントって基本低いんですよ、高さが。

かがまないとテントに入れなかったりして、オシャレなんだけど少しイラっとする。

 

けど、持っているとモテるキャンプブランド「スノーピーク」。笑

 

展示会で「立ったままスッと中に入れるテントないかな〜」と色々見せてもらった中で、ぼくと嫁さんが「これいいな!」となったのが「ランドベース6」でした。

 

「ランドベース6」というは2014年にグッドデザインショーを受賞した大型のキャンプ用シェルターです。

 

とにかく軍事キャンプで使われているような角張ったデザインと中の広さにビックリしましたね。

 

ということで今回は、大人数ぴったりな「ランドベース6」をご紹介します!

スノーピーク2017年新作展示会だったけど「ランドベース6」をおすすめします

三重のキャンプ場で新作のテントがいっぱい張られていました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193023j:plain

 

スノーピークって絵になりますね。

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193021j:plain

「持ってたら、モテるぜ?」っていうブランディングですね。笑

 

でも、ぼくら夫婦キャンプ的には、

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193017j:plain

天井が低すぎるよ。どれも!(チビ夫婦ですが)

 

全室は広くて素敵なんだけど、

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193018j:plain

腰痛持ちな人にはキツイだろうなと思うくらい天井が低いので、かがんで過ごすという。。

 

ストレスフルなテントばかりだったのでぼくらはスルー!!

 

でも、いいのがありました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193037j:plain

「ランドベース6」です!!

写真じゃなかなか伝わらないですが、えげつなくデカいです。

 

フリーサイトじゃないと対応しないみたいです。

(日本中にフリーサイトはたくさんあるので気にする必要なし)

 

とにかく、立ってテントの中に入れるって最高ですよ。 

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193040j:plain

中は商談用の部屋として使われていましたが、軍事キャンプのテントみたいな広さ。

(軍事キャンプ行ったことないけど...)

 4人がけテーブルを2つ並べても余裕の広さでしたね。

 

そして、真ん中にスノーピークの可愛いレインボーストーブがあるだけで暖かかったです。

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193043j:plain

デザインもオシャレなのですが、 

 

レインボーストーブは特殊なガラス使っているので、燃焼が7色に見えるんですよ。

f:id:BOMB_TANAKA:20170220114249j:plain

出典:https://store.snowpeak.co.jp/

ずっと見てられますよね。。

 

こういう「ディティールの美しさ」がファンを作るんだろうな。

 

普通の石油スボーブよりコンパクトなのでオートキャンプに持っていけちゃうんですよ。

 

ベットなども外に展示してありましたが、(おい。嫁が寒がってるぞ)

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193030j:plain

ランドベース内にベットを入れて寝るのもコンパクトでいいですよね。

 

マジで軍事キャンプな見た目になりそうですが。笑

 

「ランドベース6」を実際使っている人の評判とテント内の様子

f:id:BOMB_TANAKA:20170220123411j:plain

 出典:https://www.snowpeak.co.jp/

 

使用して良かったところ、楽しかったところは?

一つはキャンピングカーだけでキャンプを終わらせたくない野遊びを実現するためにそとに居住空間を持ち自然を感じたいのです。
二つ目に、設営がveryvery easyです。
三つ目は、子供家族や会社仲間と一緒にキャンプに 行っても余裕の広さで楽しく過ごすことが出来ます。ベストチョイスだと思います。 二人で使用する場合、半分は愛犬のドッグランスペース になってしまうのですが!

 

オールインワンシェルターには興味がなく、基本は寝室とリビングは別が好みでした。
ランドステーションLを購入しても張れるとこではランドブリーズを設営。
ランドステーションは後に、一番好きな幕になりました。
しかし、ランドベースを箕面自然館で拝見してから、やはり『ベース(基地)』。 さすがにベースを張って、別に寝室を作ることなく、家族四人でオールインワンになっております(笑)
結露で頭を擦ることなく、外観の見てくれも申し分なく、デッドスペースの少ないこの膜は、有意義にキャンプを楽しめています。

 出典:https://www.snowpeak.co.jp/

 

実際にランドベースを使っている人のテントの中の動画があったので、どんな感じで使用しているのか参考にしてみてください。

地べたにカーペット敷いて、遊牧民のようなキャンプですね。笑
電源ありのサイトで石油ファンヒーターをつけてるので、中はポッカポカで過ごしやすそう。

 

かなりゆったりとした時間がテント内に流れてて、いいなぁ〜。

 

こんな空間なら3日くらいキャンプ場にいて、中で仕事するのも集中できそうですね。

 

<まとめ>「ランドベース6」は大人数キャンプが好きな人や腰痛持ちな人におすすめ

ワンルームマンションより広いです。笑

f:id:BOMB_TANAKA:20170219193039j:plain

立っていても頭をぶつける心配がないので、腰痛持ちの人にはめっちゃいいと思います。

 

かがまなくていいからね!笑

 

そして、ずっとテントの中で楽しく過ごせるアイテムなので、家族や友人同士で使うのにオススメです。 

中でゲームしたり、鍋したり、大きな部屋をそのまま外に持っていくイメージで使うと面白いアウトドアアイテムになりそうですね。

 

相撲も取れますよ!笑

ぼくも子供ができて大きくなったら、購入したいサイズですね。

 

もちろんインナールームもあるので、着替えたり、寝る部屋として使えますよー。

以上、オールシーズン楽しめる巨大テント「ランドベース6」の紹介でした。

 

部屋を持っていくキャンプ、絶対楽しいと思うぞ。

 

ボボボボム!