読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム田中

ボボボボボムな面白さ

【DIY】駐車場の看板の作り方を説明してみた

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20160927185925j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

 

半田市の鍼灸マッサージ店「GREEN NOAH」の

院長・舟橋さんから駐車場看板のDIYの依頼がありまして、

作っちゃいました〜!!

 

なので今回は、

地面にブッ刺すタイプの看板って

こうやって作るよーって説明していきますね。

駐車場の看板の作り方を説明してみた

写真多めでレポートしていくぞー!!

看板作りに必要な物

  • 看板に使う木

    f:id:BOMB_TANAKA:20160927190945j:plain
    (色塗った後の写真ですが、ぶっ刺し系木材は、どこのホームセンターにもあります)
    「だいたいこれくらいだろ」っていう大きさで揃えて買います。
    (アバウトすぎる。。)

  • ヤスリ
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927190854j:plain
    木材はバリが出てるので、バリ取り用です。

  • カーボン紙、筆、ハサミ、のり、鉛筆
    (↑リスト化無視してるぞココ)
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927191056j:plain
    カーボン紙や筆は100均に売ってますよ。

  • 屋外用塗料
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927190922j:plain
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927191132j:plain
    ぼくはスーパーハローという塗料を使っていますが、
    屋外塗料ならなんでもオッケー

  • アクリル絵の具
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927192841j:plain
    色を使う部分で使います。
    アクリル絵の具は乾くと水を弾きます。
    (もちろんあとでラッカーコーティングしますが)

  • ビスとインパクトドライバー
    f:id:BOMB_TANAKA:20160927192854j:plain
    これがないと看板作れません。。

  • クリアラッカー

    f:id:BOMB_TANAKA:20160927192932j:plain
    最後のコーティングに使います。

 

看板のDIY工程

では早速作っていきます。

 

まずホームページからロゴを勝手に(笑)引っ張ってきて、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190706j:plain

 

看板のサイズに合わせて、イラレとかで絵を調整します。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190716j:plain

 

「GREEN」と「NOAH」の間の「木」(なのかな?)の絵を、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190727j:plain

依頼者に黙って小さくします。

(怒られろ)

 

でプリントアウトした絵を、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190754j:plain

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190756j:plain

 

合体させます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190759j:plain

 

真ん中の木の絵で合わせると、f:id:BOMB_TANAKA:20160927190800j:plain

やりやすいですね。

(はいはい、お前が勝手に小さくした絵ね)

 

 

ドッキングー!!

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190810j:plain

セロテープか、のりで、くっつけましょう。

 

一応、絵の長さと木の長さが合っているか、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190837j:plain

チェックします。

 

ヤスリでバリをとって、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190906j:plain

怪我をしないように。

 

わかりますかね?

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190950j:plain

(わかんねーよ)

 

で、白を塗っていきまーす!

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190944j:plain

下が汚れないように新聞紙など、引きましょう。

 

って、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927190945j:plain

お前の作業場、床汚ねー!!

 

色が濡れたら、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191928j:plain

文字を書く準備に入ります。

 

絵を木の上に重ねて、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927204248j:plain

 

位置を決めたら、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191934j:plain

 

カーボン紙をカットします。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191936j:plain

 

絵の裏にのりで貼って、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191940j:plain

 

カーボン紙を貼ります。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191941j:plain

木に当たる方にカーボンが来るようにしましょう。

 

絵にしっかり折り目をつけて、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191943j:plain

 

木との隙間をなくします。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191944j:plain

 

木と絵がぴったりと、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191946j:plain

フィットしてる状態にします。

 

そして、文字の縁を鉛筆でなぞります。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191948j:plain

(地味ですねw)

 

グイグイと少し筆圧をあげてなぞりましょう。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191953j:plain

 

一個書いたらもう一個いきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191956j:plain

(て、かなりいい感じじゃん!)

 

2枚分書き終わるころには、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191958j:plain

カーボンがなくなってますね。

 

いい感じです。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927191959j:plain

 

次は、

なぞったところに色を入れていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192004j:plain

この塗り作業、最初は太い筆使ってしまって、ミスってるんですが(笑)

(言うと、バレるぞ)

 

小さい筆に変えたら、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192007j:plain

スイスイと綺麗に書けるではありませんか。

 

1枚目オッケー。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192001j:plain

 

2枚目も一瞬で塗り終わりました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192010j:plain

 

で、問題はココ。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192012j:plain

真ん中の「木」(なのかな?なんなのか聞けばよかったな。。)

 

色を塗っていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192841j:plain

 

絵の真ん中の黄色や、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192843j:plain

 

周りは、絵の具を混ぜて「木の絵」の色を合わせていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192846j:plain

 

こんな感じになりました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192849j:plain

 

あとは上から黒をぬって、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192850j:plain

看板の主要部品が完成です。

 

で、尖った木とドッキングします。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192853j:plain

 

ビスをインパクトでグリグリ〜

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192854j:plain

 

4点でガッチリ固定します。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192927j:plain

 

ネジ頭にも白を塗って、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927193004j:plain

 

最後はラッカーで、

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192932j:plain

 

全体をふっていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927192934j:plain

簡易的なコーティングです。

 

で、

 

でーーーーーん。

f:id:BOMB_TANAKA:20160927193026j:plain

完成!

 

めっちゃいい感じですね。

 

今回の必須道具

makitaのインパクトは使い心地がやっぱり違います。

DIYする人ならいいものを長く使いましょう。

 

 

まとめ

作業的には塗料の乾く時間でかなりロスしてしまうので、

効率よく「塗り」と「それ以外の作業」を進めていくことで時間短縮できます。

 

半田市の鍼灸マッサージ店「GREEN NOAH」の

院長・舟橋さーん!!!

こんなんで、大丈夫ですかねぇ??w

 

みなさまもボム田中に依頼したいDIY(木工、溶接、映像、デザイン結構なんでも)があれば、

こちらまでぜひぜひご連絡ください!

 

報酬は欲しいものリストから送ってくださると助かります。笑

 

ボボボボボム!

 

 

関連記事