ボム田中

ボボボボボムな面白さ

ペトロマックスHK500のランタンケースは格安で自作できるぞ!

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20170609202424j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

 

ペトロマックスのHK500を最近ずっと箱のまま持ち運びしてました。

 

「そろそろハードケースが欲しいなぁ。。」

 

そう思って「HK500 ランタンケース」と検索してみると、純正の木の箱が出てきました。

 

でも、値段が高い!!

 

「こんなくらいなら自分で作るわい!」と作ってみたら、簡易的ですが4分の1の費用で半日で出来ました。

 

ってことで作り方を説明していきますよ〜!

 

ペトロマックスHK500のランタンケースは2000円で自作できるぞ!

ペトロマックス、本当にかっこいいですよね。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191426j:plain

扱い方が少し難しいのですが、、

(ぼくはもう2枚のマントルをお逝きにしてしまいました。。笑)

 

 

で、そろそろちゃんとケースに入れて持ち運びたいと思ったので調べていると、純正のモノがありました。

 

 

 

でも価格が高いし「作れんじゃね?」と思ったのでトライしてみました。

 

 

「ペトロマックスHK500」自作ランタンケースの作り方

 ホームセンターで桐の集積材(200x1820x13mmと200x600x13mm)を買ってきました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191430j:plain

ホームセンターでカットを含めて2000円もしなかったです。

 

カットした内容を書いておきますね!

  • 200mm x 474mm  2枚
  • 200mm x 198mm  2枚
  • 172mm x 474mm     2枚

です。

(↑自分が作ったサイズだと、少しタイトだったので横幅2ミリ増やしました!)

 

カットした断面はバリが出ているので、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191434j:plain

サンダーで面取りしましょう。

 

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191438j:plain

 

桐の集積材はとても柔らかいので「#100→#400」でも大丈夫ですよ。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191442j:plain

 

ランタンケースの材は数が少なくカタチも小さいので加工時間が早いです。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191447j:plain

塗装の時間を含めても夏場なら4時間〜半日で終わるでしょう。

 

塗装に使ったのは乾燥時間が60分と短いオイルステインです。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191450j:plain

 

家で作業する際は油性よりも水性のものをオススメします。

 

匂いが体に毒なので、換気をしっかりして塗装しましょうね。

 

一度塗りはこんな感じ。 

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191454j:plain

 

刷毛で塗るよりもウエスで塗った方がムラなく塗れるのでオススメですよ。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191458j:plain

あと、塗装の際は軍手よりもゴム手袋をはめた方が手が汚れる可能性を下げれますよ〜。

 

てことで、2度塗りも終わり。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191502j:plain

暖かい季節は乾燥時間が短くていいですね。

 

それでは、全体を組んで箱にしていきます!

 

ボンドを、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191505j:plain

 

うすーく塗って、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191509j:plain

 

押さえつけながら、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191513j:plain

 

釘をうっていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191517j:plain

 

この時、定規で釘のピッチを測りながら打つと、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191522j:plain

仕上がりが綺麗になりますよ!

 

底面と上面を固定できたら、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191526j:plain

 

裏側をはめ込んでいきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191532j:plain

 

端材でアテを作って均等打ち込んでいくと気持ちよく入っていきますよ。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191536j:plain

 

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191540j:plain

 

均等に釘を打てればおっけーです。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191544j:plain

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191548j:plain

 

一度ランタンを入れてみました。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191553j:plain

正直窮屈です。

もう2mmずつ両サイドが広くてもいいかも!

(最初の板サイズは変更済みだから安心して)

 

でもいい感じですね。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191557j:plain

 

最後に蓋を作っていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191601j:plain

 

蝶番とロック。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191604j:plain

ロックと同じような「緑の工業的な色の蝶番」が欲しかったのですが、近所のホームセンターにはシルバーしかなかった。。

 

ブイーンと、

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191619j:plain

 

インパクトドライバーで留めていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191626j:plain

 

って感じでとりあえず完成。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191629j:plain

 

ランタンとの色合いもいい感じですね!

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191633j:plain

 

箱に「BOMB CAMP」というステンシルでも貼ろうかな〜!!

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191636j:plain

イタズラし放題の木の箱です。

 

取っ手もサイドにつけた方がいいかもしれませんね〜。

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191640j:plain

こうやって上にランタンを乗せることができるので。

 

今回はとりあえずここまで!

f:id:BOMB_TANAKA:20170609191644j:plain

作業時間は参考時間入れて4時間くらい。

(実作業としては2時間半くらいかな)

 

ペトロマックスHK500のランタンケースは半日あれば安く自作できるのでやってみましょう!

キャンプアイテムの為の、箱作りって簡単で楽しいですよ。

 

そして「まだ箱を作っただけ」なので、これからステッカーを貼ったりステンシルでロゴを塗装したり、絵を書いたり。。と、いろんな事が出来るわけです。

  

なんかワクワクしませんか?

 

うん、ぜひやってみましょうね!笑

 

わからないことがあったら問い合わせからいつでもどーぞ。

 

ボボボボボム!

 

 

ペトロマックス関連記事はこちら