読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム田中

ボボボボボムな面白さ

【最強の余興】人筆で「寿」を書くと、ヒトは凛々しくなる。

スポンサーリンク

つい最近、中高時代の友人の結婚式がありました。
(なぜか6年制の進学校にいたぼくは、もちろん下から3番目くらいの脳みそでした)
今回、余興はぼく野呂くん(ゲーマー)
(→友人グループの結婚式のうち8割は、ぼくとゲーマーの野呂くんが余興を作っているのです。)

過去の余興作品には、「セーラー服着た男たち、全力でモモクロ踊る」「スカイプでイギリスの変態と生中継」「ストームトルーパーとダースベイダーの惑星漫談」など、ほとんどの余興が新郎新婦無視して突き進む系

で、今回は

人筆で「寿」を書く

ということに、なりました。

 

ってか人筆ってナニ??

→それは髪の毛をつかって書をすること。

そうです。
結婚式なので「寿」という文字を大きな紙に書いて、それを上から撮影し、めでたく余興らしい映像作品にしたのです。
野呂くんにはいつも通りカラダを張っていただいたのですが、

人筆をすると人はこんなにも凛々しくなるのか

とビックリしたので、撮影当日の様子&出来上がった映像を見ていただきます。

撮影当日

大きな模造紙や撮影で使う耳栓や、ゴーグルなどを100均などで用意しました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215921j:plain

 まず半紙作り。 100均の模造紙4枚1セット×2本をつなぎ合わせ ¥216でデカイ半紙が出来ました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215925j:plain

 今回筆になる野呂くんと

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215923j:plain

 野呂くんを守る防具たち。

凛々しさゼロです。

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215926j:plain

 耳栓2セット+ゴーグルで¥318 かなり守りに入ってますね。 

人筆で「寿」の出来上がった映像

ま、とりあえず完成品見てください。力持ちの中村さん(消防士)辻本くん(破天荒)野呂くん(ゲーマー)を持ちあげ、書をする。
とてもシンプルな構成かつダイナミックな編集で ぼくの友人がかなり凛々しくなりました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215930j:plain

人筆ビフォー&アフター

人筆で「寿」を書くと、ぼくの友人は凛々しくなる。
<集合時>

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215925j:plain

 へらへらケラケラしてました。

<決行前>

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215926j:plain

 やらされている感がモヤモヤしてますね。

そして<決行後>

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215933j:plain

 「ぼくは新郎新婦の幸せを担っている。」と言わんばかりの

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215931j:plain

 なにかすごく大きなものを背負った、力強さがカラダから滲み出てる。。

f:id:BOMB_TANAKA:20160530215932j:plain

 この凛々しさったら。。 もはや賢者モード
(3年前からこの状態で居たかのように、大地と同化して見えますよね。)
心なしか、筋肉量も集合した朝より40%くらい増えています。

まとめ

余興での人筆というものは、「友人の為に体を張る」という事と「書という日本の伝統文化」が混じり合う素晴らしいものである。
結果、老若男女問わずウケました
みなさんも余興をお願いされたら「キモチをカラダで書にしてみる」のをオススメします。