ボム田中

ボボボボボムな面白さ

ポートランド観光時に撮った写真を見返して「自由に生きる」=「理想のライフスタイルの実現」だと改めて思った

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20161203225851j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

今年の夏に新婚旅行でポートランドに行ったんですが、

その時ブログにアップし忘れていたカッコイイ車の写真がドサッと出てきたので、

今回ドヒャっとUPしようと思います。

 

「...え、あ、完全に趣味です。」

 

ってか、

ポートランドで過ごした時間をかなり鮮明に覚えていて

初日にカフェに入った時、

隣でカラフルな運動着でカタカタPC作業してる女性がいて、

しばらくして作業が終わって、リュック背負って店を出てランニングしてどっかいっちゃったんですよ。

その時サラリーマンだったぼくは「あ〜なんかああいうのイイな」と思っていました。

ってなんの話やねん!!!

ポートランド観光時に撮ったアメ車の写真を見返して「自由に生きる」=「個人力」だと改めて思った

ポートランドにぼくら夫婦はもう一度行きたいんです。

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211015j:plain

(自分がビールチキンに見えます。。)

 

f:id:BOMB_TANAKA:20161203231910j:plain

「ああ、仕事があるから家に(日本に)帰らないと。。」って思わなくていいようになれたら、

自由に生きれてるってことになるのかな。。

 

ポートランドで見た車がかっこよかった

そこらじゅうにVANが停まっていましたね。

f:id:BOMB_TANAKA:20161203210949j:plain

キャンピングカーやワーゲンバスが好きなぼくは、

f:id:BOMB_TANAKA:20161203210952j:plain

ひたすらカシャカシャ写真撮ってました。笑

f:id:BOMB_TANAKA:20161203210954j:plain

↓このワーゲン、ガチクソかっけー。。

f:id:BOMB_TANAKA:20161203210955j:plain

この車でどこへ旅するんだろう。。

f:id:BOMB_TANAKA:20161203210957j:plain

どれもすっげーボロいんですけど、

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211000j:plain

愛着もってんだなぁって思ったり、

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211002j:plain

「車検が無い」and「高くて新車が買えないんだよ」と聞いて、

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211019j:plain

↓まあまあ納得したり。笑

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211020j:plain

(こんな車、今の日本人の感覚では乗れないんだろうね。周りの目も無駄に気にするだろうし)

めっちゃ可愛いワーゲンを、

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211032j:plain

めっちゃ可愛い女性が運転していました。

f:id:BOMB_TANAKA:20161203211034j:plain

色のセンス!!

自由に生きたい=個人で生きる力がないと、死ぬ。

「自由になりたい」と本気で考えるなら、個人で稼ぐ力がないと、

もうどうしようもない時代になっていく。

 

でも大事なのは、「お金を稼いで何がしたいのか?」

 

もちろんただ生きる為にお金を稼いでいかないと、死ぬんだけど。

ただ生活するために仕事をしてお金稼いでって、なんかつまらんやないですか。。

 

具体的にどんなライフスタイルにしたいか?ってことを明確にもっていないと、

お金を持ってもつまらない大人になってしまう。

だから、 

自由に生きるというのは「自分の理想のライフスタイル」を実現するということだ。

その為にどういう方法でお金を稼いでいくのか、しっかり考えないといけない。

 

<まとめ>旅がしたいなら、個人で何にも属さず生きれるようにしないとね 

ポートランドの写真を見てると、また嫁と行きたい、子供が出来ても連れていきたいとか思ってしまうんです。

で、

最近読んだパワートラベラー阪口裕樹さんの本が、ぼくの頭の中をさらりと整理してくれたんですよ。

 

かなりこれ読んで考えがクリアになったなぁ。

自分の理想のライフスタイルが今実現されていないのなら、考え直す時間を作ったほうがいい。

 

ぼくはいま30歳だけど、30でも40でも50でも。

理想のライフスタイルを実現させるなら、スタートの年齢なんて関係ない。

「やる」か「やらないか」だ。

 

ボボボボボム!