ボム田中

ボボボボボムな面白さ

キャンプでジブリ飯を食べるなら「エッグホルダー」を持っていけ!

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182806j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

 

「キャンプやピクニックで目玉焼きを焼いてパンにのせたい!」

 

そんな願いがある人はぼくだけじゃないはず!!笑 

 

で、先日タークのフライパンを持って山でジブリ飯を作ってきました。

その際に目玉焼きを作ったのですが、調理する場所までタッパーに入れていたので割れていないかソワソワしていました。。
(実際、ダンボールで包んで運んでいましたが、一個割れてたんですよ。。)

 

今、「もっと早くこのエッグホルダーを買っておけばよかった。。」と思っているのでレポートして行きます!

 

 

キャンプで安心してジブリ飯を作るために「エッグホルダー」を持っていこう!

 エッグホルダーは卵を安全にキャンプ場へ運ぶという用途にすぎませんが、

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182133j:plain

このコフランの「エッグホルダー」は買って大正解でした!

 

 

ぼくが買ったのは6個入りですが、 

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182138j:plain

2個サイズのものや、12個サイズのものもあります。

まぁファミキャンで1泊なら、6個サイズでいいでしょう!

(販売されているパックも6個か12個だもんね)

 

蓋側に卵を支える部分がくっついています。

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182142j:plain

 

蓋をした時に、

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182216j:plain

卵の尖っている方がフィットするように、作られているんですね。

 

ちなみに、今回使用した卵はMサイズ。

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182206j:plain

 

すこし小ぶりな卵だったので、

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182222j:plain

 

蓋をして振ってみた時に少しカタカタするかな〜という印象でした。

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182233j:plain

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182237j:plain

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182243j:plain

 

なので、Lサイズの卵だともう少しフィットして揺れが少なく割れるリスクが低いと思います。

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182226j:plain

もちろん耐久性は申し分なし!

 

クーラーボックスの中で上にいっぱい食材を乗せても卵が割れることはないでしょう!

(ハードケースだからね。)

 

色も黄色いので目立ちやすい!笑

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182308j:plain

 

焚き火で料理する時も、 割れてない卵を使いたいじゃないですか。

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182415j:plain

卵を割る技術は別としてね。。笑

 

パカーンと割って、

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182421j:plain

殻は焚き火にポイ!

(しっかり燃えてくれます)

 

目玉焼きとウインナー f:id:BOMB_TANAKA:20170615182445j:plain

これだけで天国ですよね!

 

晴れた日のジブリ飯、

f:id:BOMB_TANAKA:20170615182435j:plain

最高ですよ!

 

「エッグホルダー」はキャンパーの影の必須アイテムだ!

存在感は薄いですが、キャンプで大活躍する「エッグホルダー」。

 

クーラーボックスやバックパックをパンパンに詰めたって卵が割れないので、山の上やキャンプ場でのご飯のバリエーションの幅が広がるアイテムです。

 

ぜひ使ってみてください。

 

ボボボボボム!