読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム田中

ボボボボボムな面白さ

ポートランド観光で買ったワッペンでキャップをDIYしてみた

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20160917175111j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

ぼくが帽子が好きで、朝から晩まで帽子をかぶっています。

帽子をかぶったまま寝たこともあり、

その時はさすがに体の一部になりすぎて、取れなくなって、

病院に行きました。

(はいはい、そういうのいいから早く、本題)

 

ということで、

今回はキャップを作るぞ!!

 

ポートランド観光に行った際に買った、かっこいいワッペンを帽子につけてみました。

超簡単に作れるオリジナルキャップのDIY工程を書きます。

ポートランド旅行で買ったワッペンでキャップをDIYしてみた。

これはぼくの帽子コレクション。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917172412j:plain

好きな割にそんなにもってねーじゃねーかw

おしゃれな帽子が欲しいんですが、

なかなか「これだ」って思うのが少ないんです。

 

じゃあ自分で作ればいいじゃないの

ってなるのがボム田中。

 

そういうことで作っていきまーす。

かっこいいキャップDIYに必要なモノ

ワッペン

ポートランド観光でまわったお店で、カッコイイのがあれば買ってました。

「ワッペン好き」というわけではないけど、後でなにか作る時に使えそうだなって思ったので。

服にもカバンにもなんでも貼れるのがいいですね。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917201759j:plain

いろんなお店で、様々な種類のワッペンに出会いました。

 

これはパウエルブックスというポートランドで有名な本屋さんのワッペン。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917202641j:plain

しっかりした作りです。

 

これはポーラーというポートランド発祥のアウトドアブランドのお店に行った時に買ったモノ。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917202909j:plain

どのお店のワッペンもカッコよくラベルが付いてたりして、カッコよく売られている。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917202910j:plain

 

お店に置いてあるファッション小物って「見せ方」で手に取るか、取らないか、が変わってきますよね。

かっこいい台紙、ラベルだったりすると「んん?」と近寄ってみるもんなぁ。。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917203208j:plain

 

そしてポートランドには日本の雑貨屋さんや、服屋さんでもなかなか見ないデザインのワッペンがたくさんありました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917203244j:plain

狼まじでカッコイイ。 

 

これは、ポートランド観光3日目に行ったマルトノマ滝のおみやげ屋さんに売っていたワッペン。

日本じゃこんなオシャレなお土産ないと思う。。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917203245j:plain

このマルトノマ滝のワッペン買った時「キャップにしたらカッコイイかも」って夫婦で話してました。

 

でこれは服屋に売っていたワッペン。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917203936j:plain

でらかわいいやんけ。

「木曜日」が好きな作家が作ったカリフォルニアにあるアパレルブランド「MOKUYOBI」。

作家さんにとって木曜日はハッピーな日なのかな。

ブランド名のつけ方が、単純すぎてインパクトある。

 

と、

いろいろな種類のワッペンを買いました。

これらの中からのいくつかを、帽子の材料にします。

 

無地の帽子

ネットで買った無地の帽子。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917204412j:plain

ブラック3つと、

f:id:BOMB_TANAKA:20160917204511j:plain

グレー&ブラックを3つ買いました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917204528j:plain

(なんでそんな買ったん?)

え、ぼくがカッコよく作ったらみんな買ってくれるかなぁ?と思って、、

 

(はぁ??)

 

あ、サイズ可変だからみんなにフィットするよ。笑

f:id:BOMB_TANAKA:20160917205723j:plain

アイロン&アイロン台

買ったワッペンは全て裏側にアイロンパッチ用の粘着剤が塗ってありました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917204844j:plain

アイロンでクイッとつけるだけでオリジナルアイテムが作れるのはありがたや。

 

小さい鍋

これはあると便利です。

帽子の曲面にちょうど鍋がいいんです。 

f:id:BOMB_TANAKA:20160917205046j:plain

小さい鍋ならどの家庭にもあるのではないかと。

アイロン台はほぼ使わなかったので、鍋とアイロンがあればワッペンキャップは作れる。 

 

かっこいいキャップDIY製作工程

すごく簡単です。

ただ貼るだけ

 

まずは、ワッペンとキャップの構成を考えていきましょう。

 

「んーこれは少しワッペンが小さいかな。。」とか

f:id:BOMB_TANAKA:20160917205828j:plain

 

「黒いキャップにこのワッペンは、主張が強すぎるかもなぁ」とか、キャップの色とのバランスが大事。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917205818j:plain

 

「おぉ、これは色合いが結構いい感じだ 」

f:id:BOMB_TANAKA:20160917205807j:plain

 

結構決めるの悩みます。。

 

そして

帽子の前面にある台紙を抜いて、 

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210240j:plain

 

鍋の底面の曲線が帽子の曲面に合うぞ!

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210247j:plain

ってことで、

鍋を帽子にあてます。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210246j:plain

(フタって必要?)

 

ワッペンの場所を決めたら、

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210257j:plain

(フタがないw)

 

うおりゃああああ!

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210259j:plain

と、アイロンをあてて貼りつけます。

(結構長い時間あてないと、粘着剤が溶けません。)

 

完成。

(工程簡単すぎだろっ。)

 

完成したのがコチラ

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210348j:plain

じゃーん。

 

おお、

 

かっこええやんけ。

ええの作るやんけ。

(少しオラついてるのはなぜ?)

 

さっそくDIYしたキャップをかぶってみた

f:id:BOMB_TANAKA:20160917210527j:plain

かぶり心地はサイコーっす。

 

自分しか持ってないアイテムってなんか

f:id:BOMB_TANAKA:20160917232756j:plain

ワクワクしますな。

 

アメリカオレゴン州の大自然、マルトノマ滝のワッペンをつけた帽子をかぶっていると、

f:id:BOMB_TANAKA:20160917232828j:plain

 

隣にいた嫁さんがニホントカゲを捕まえてきました。

f:id:BOMB_TANAKA:20160917232903j:plain

躊躇なく爬虫類をガッと捕まえるボムの嫁。

 

f:id:BOMB_TANAKA:20160917232854j:plain

 

 

自然って、いいですね。

(なんの話?)

 

 

 

f:id:BOMB_TANAKA:20160917232912j:plain

 

帽子、買ってください。


よろしくお願いします。笑

 

 ボボボボボム!