読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム田中

ボボボボボムな面白さ

【男前インテリア】Lアングルを使ってメンズライクなアイアン脚ローテーブルを自作したぞ

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20161212201425j:plain

ボム田中@BOBOBOBOBOMBです。

Lアングルを使って男前なローテーブルをDIYしました。

結果、

いい感じに出来たぞ。笑

でも、

「家庭用溶接機の不安定さをいかにコントロールするか」は課題です。

今回、天板は大きめのパイン材を購入し、等分でカットして同じものを3セット分作れるように準備しました。

(売る気満々やんか。笑)

結構単純な構造なので、ぼくがどんな感じに作っているのか製作工程の写真多めでレポートしていきます。

【男前インテリア】Lアングルを使ってメンズライクなアイアン脚ローテーブルを自作したぞ

「縦450mm横810mm高さ450mmのアイアン脚ローテーブル」を作りました。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212200901j:plain

男前な家具、生産していきたいですね。。

メンズライクなローテーブルを作るには完璧な天板を作るべき

ぼくが思う「完璧な天板」とは、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170638j:plain

しっかり下地処理をして木目を際立たせる塗装をしたものです。

ということで、

買ってきたパイン材を下地処理していきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170645j:plain

サンディングペーパーを#100→#280→#400の順番でかけて行きます。

手作業だと時間が足りないので、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170646j:plain

サンダーを使います。

ぼくが使っているのは3000円の安物ですが、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170658j:plain

グリップが手に馴染むので使いやすいです。

付け替えも、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170702j:plain

かなりスムーズに出来て便利です。

 

サイドも忘れないように、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170659j:plain

サンダーかけていきましょう。

 

サンドペーパーを替えるたびに木目を手でなぞっていくと、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170701j:plain

#400をかけ終わった頃にはツルツルすべすべでっせ。。

 

表面に残った木くずを、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170706j:plain

ウエスやいらなくなったTシャツで拭き取りましょう。

天板の色はオイルステインの「オーク」にしました。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170707j:plain

というか、これ以外の色になかなか行けません。

塗料が残っているからなぁ!!笑。

刷毛は、100均の刷毛を使います。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170717j:plain

なにげに刷毛って高いんですよ,ホームセンターのものは。

 

換気をしながら、塗っていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170718j:plain

オイルステインはかなり匂いがキツイ。。

我慢して、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170721j:plain

一回目の塗りは終了。

塗装用マスクが欲しいです。。)

そしてゴミやムラが残らないように、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170722j:plain

3分ほど置いてウエスで優しく拭き取ります。

 

メンズライクなローテーブルの鉄脚をLアングルで挑戦してみた

Lアングルです。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170723j:plain

3mm厚のものだと溶接しやすいです。

 

決めた寸法でカットします。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170725j:plain

(自分で鉄のカットが出来るホームセンターでの購入をオススメします。)

 

もちろん、怪我をしないために面取り加工します。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170727j:plain

材料を作るにも溶接するにも、

グラインダーは必須です。

 

Lアングル同士をピッタリとくっつけるために、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170730j:plain

多めに面を取る部分もあります。

このように、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170732j:plain

ピッタリと、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170733j:plain

くっつくようにグラインダーで削ってください。

で次は、

天板をつけるための穴を開けていきます。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170736j:plain

穴を開ける箇所にマジックで印をつけて、

鉄工用ドリルで穴を開けます。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170739j:plain

当たり前ですが、

鉄は鉄工ドリルじゃないと穴空きません。

 

ホームセンターにボール盤があるところが多いので、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170743j:plain

穴あけ作業は難なくできると思います。

手を巻き込まれないように注意しながら、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170741j:plain

作業していきましょう。

 

穴を開ける際にバリが出るので、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170746j:plain

面取りをします。

面取りカッターの刃が噛まないように、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170747j:plain

ボール盤の回転数は落としましょう。

Lアングルは溶接がしやすいので初めて鉄脚を溶接する人にもオススメですよ

ホームセンターで揃えた材料を使って、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170748j:plain

溶接していきます。

使用する溶接機は、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170750j:plain

スズキッドsim120です。

100Vの家庭用溶接機であればこいつが一番パワーあるんじゃないかな。

 

Lアングルなので付けやすい。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170751j:plain

細かな部分はまだ慣れが必要な気もしますが、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170752j:plain

強度としては文句なしです。

出っ張りもグラインダーで平らにして、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170754j:plain

溶接は完了。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170800j:plain

そして、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212170806j:plain

錆止め塗料で塗装します。

 

この錆止めスプレーはムラなく綺麗に仕上がるので、

製品価値が高くなるのでオススメです。

 

メンズライクなアイアン脚ローテーブルを組み付けるぞ

加工工程が完了したら、 

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195034j:plain

組み付けていきます。

天板は、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195036j:plain

オイルステインを2度塗りをしました。

(オイルフィニッシュが理想ですが、説明はまた今度)

天板の裏側にアイアン脚をセットして、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195037j:plain

ビスで固定します。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195039j:plain

受注品であればビスは打たずに、ネジの取り付け位置だけマーキングして天板と脚を外して納品する予定です。

 

完成品はこんな感じ。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195042j:plain

結構いい感じでしょ?笑

Lアングルなので木がはまっているように見えて、

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195046j:plain

カッコイイですね。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195048j:plain

うん。

f:id:BOMB_TANAKA:20161212195049j:plain

イイっすね!!

 

<まとめ>メンズライクなアイアン脚のローテーブルを極めたい

Lアングルでかっこいいローテーブルが部屋にあったらカッコいいですよね。

 

Lアングルなら比較的費用を抑えながら、加工をしていけるので販売価格も抑えれます。

(このローテブルだと送料別で天板混み18000円・脚のみ11000円です。)

 

子供がいるご家庭であれば上に乗っても大丈夫なように補強をしたり、サイズも変えることが可能です。(値段はプラス数千円)

 

あなただけの完全オーダーメイド家具やおままごとキッチンの依頼なども受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

↓世界に1つのオーダーメイド家具を相談してみる↓

ボム田中DIYオーダー

 

 

ボボボボボム!