読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム田中

ボボボボボムな面白さ

ボム田中のプロフィールつくってみた

スポンサーリンク

f:id:BOMB_TANAKA:20160602165413j:plain

 

ボム田中って誰?

f:id:BOMB_TANAKA:20160602134918j:plain

ボム田中

1986年生まれ。

三重県四日市市(ぜんそくで有名?)に住んでます。

フラフラした経歴

野良猫ハンターの小学生時代

小学生低学年時代

猫が飼いたくて、近所の野良猫を追いつかまえては家に「拾ったんやけど、飼ってもいい?」と血だらけになりながら嘘をつく毎日。


小学校高学年時代

水泳、英会話、進学塾に嫌々行かされる。

 

英会話の最後の授業の日、「ぼく、ち◯毛がはえた」と友達にカミングアウトしてしまった。

その日の授業時間のほとんどを「トイレでみんなにち◯毛を見せる時間」になってしまった。

 

先生がみせた「大人の呆れた顔」は一生忘れない。

 

マグレで受かった進学校

下から数えると優秀な成績だった中学高校時代

 

バカなことが堂々とできる友人たちに出会う。

 

今でも楽しいことを彼らとできる↓

 

 

MTVが作りたくて芸術大学に行くことにした

ミュージックビデオ<MTV>が作りたくて京都の芸術系大学で映像を学んだ。

映像作品、演劇、ドキュメンタリー、現代美術いろいろ作った。

卒業して京都でフラフラしてた

結婚式場のビデオカメラマンをしながら映像や演劇の仕事をもらっていた。

たまったお金で演劇を作ったり、美術作品を作り個展をした。

 

が、ほとんどお金にならかった。

 

というか「アートはギャラリーでしか買えない」という固定観念があった。

いまはいつでも誰でもアートを販売できる仕組みがあるのにね。

 

家をテーマに作品を作っていた頃のサイト

田中 あきよし/AKIYOSHI tanaka

 

京都はアーティストやフリーランスが住みやすい場所だ

京都市民は文化的認識力が強い。

 

バイトやフリーランスしながら表現活動して、家族もいてとても幸せだ。

という人が周りにたくさんいた。

 

憧れていたし、そうなりたいと思ってた。

 

実家に帰らなければならなくなった

親父が急に天国に羽ばたいた。

末期ガンだった。

 

仕事中倒れて3日後にバサバサと飛んでいった。

 

親が亡くなるってこんな一瞬なのか。とその時からずっと、今も思ってる。

 

親父は自動車部品の検査機械を製造する小さな会社の社長だった

親父の弟(叔父さん)が社長を引き継いで、ぼくは三重に戻り後継者候補として会社に入った。

 

畑違いの職場だったけど、親父を慕ってくれていた人たちが優しかった。

 

親父は愛されていたんだと思って嬉しかった。

 

親父の会社に入り3年間働いたが全く好きになれない仕事

3年半、気むずかしい職人さんとも仲良くなってあまり衝突せず、なるべく波風立たさず働いた。

 

結果、「自分が何したいのか」わからなくなった。

 

自分の気持ちに蓋をしていると、自分の中身がどろどろぐちゃぐちゃなヘドロのようになってしまう時がある。

 

性格が荒れて、その時付き合っていた嫁さんに「別人だ」と言われた。

このままじゃダメになると思った。

 

趣味が多いってすばらしい

仕事以外の時間を必死に充実させようとした。

キャンプ、DIY、アート、旅、デザイン、ビール(密かに製造方法を学び済みなのでクラフトビール屋さんを開こうと思ってたりもする)など趣味は沢山ある。

 

手を広げすぎで浅い感じになってしまう事もあるけど、知らない世界を知っていく瞬間が楽しくてワクワクして生きていてよかったと思う。

 

ハンター(罠・網)の免許をとって、ビール検定2級の資格も持ったが、未だに役に立ったことがない。笑

 

唯一役に立っている資格は「溶接免許」。

 

人に頼まれて作ったり、自作のアイアン家具をECサイトで販売している。

 

 

ものをつくって直接感謝された時は、本当に嬉しい。

 

30歳目前にして会社を辞めることを叔父さんに伝えた

辞表を提出した日は七夕だったなぁ。(なんも関係ないけど)

 

同族経営、血族経営、をうまくやっている同世代の人を見たりすると、本当にすごいと思うし、天国に行く人なんだと思う。

 

同時に「未来が見えてしまっていて、つまらなくないの?」と疑問に思ったりもする。

 

でも、人は人。

 

人の人生に口出しする資格は、誰にもない。

 

 

親父が57で天国行った時に思ったこと

死ぬときに後悔したくない

絶対好きなことややりたいことを我慢したくない。

見たいものを見たい時に。

会いたい人に会いたい時に。

やりたいことをやりたい時に。

 

その為には、

自由な時間で稼げるようにならないといけない。


そして、パソコン1台で稼ぐことを中心に考え、

30歳からアフィリエイト、家具販売、アート販売、レンタルスペースを始めました。

 

まだまだ安定してないし、アフィリエイトサイトで稼ぐのは難しいと言われていますが、続けると可能性があるんじゃないか?という希望を持って頑張ってます。


物販は、嫁さんとぼくが描いたアートを海外物販サイトに登録してます。

これは趣味ですが、ほしいと思ってくれる人がいたら嬉しいな程度です。

 

レンタルスペースは、廃工場を所有しているのでコスプレの撮影などで使える場所を貸したりしています。

 

大きな仕事をしてドカンと稼ぐということではなくて、遊んでいない時間にいろんな種類の仕事をする形。

 

5万の収益が上がるものを10〜20個というのが目標です。(読めないものだからそれ通りにはならないけどね。)

 

できるだけ労働時間を少なくする仕組みづくりを作って、将来子供と遊びまくったり、平日にキャンプやフットサルできる仲間を作りたい。

 

ということで、「ボム田中」は好きなアートや、キャンプをして過ごすことを目標にのんびり前向きにものづくりして生きるアラサーのブログです。(無理やり終わらせる)

 

そして、一緒に平日遊ぶ人をいつでも探しています。

よかったら絡んでください。


ボボボボボム!